岩本薫デザイン事務所 株式会社アイ企画
アイ企画新着情報 アイ企画の考え方 デザイン作例 会社概要 Blog

2018年5月9日

ai-waveリスタートします。

Filed under: アクティブ,コンセプト,経営,脳内 — aiadoak @ 5:39 AM

ちょうど一年前、

創業10年で会社の業務体制が確立した時に、

この次10年に向けての一手として立ち上げかけた価値、

それがai-waveでした。

当時考えていたのは、株式会社アイ企画のオーナーとして、

私は業務から独立して、

地域活性のコンサル業をベースとして、イベントなどの展開を

強化していく考えでいました。

また、私の持つ技術としての撮影部門も独立させる考えもありました。

そして、そのために取り組んだのが、

子供神楽フェスタ20周年記念大会事務局や、国府きんさい祭り事務局

そして、国府海岸の観光につながるサーフィンだったのです。

ーーー

しかし、主に経営の未熟さなど色々とあって、

スタッフと経営側の不協和音、主要スタッフ離脱などを起こしてしまい、

一度、この自分の掲げた目標のai-waveを頓挫することになりました。

(目の前が真っ暗になる状況というのが表現としては当たっているかな。。。)

その間、日々、自分の考えは間違いだったのかと自問する日々を過ごしてきたのです。

ーーー

そして、一年間かけて、自分を洗い直しました。

自分自身の交友関係、会社での取引関係、仕事の価値、お金の価値、

地域との関係性などなど、

ありとあらゆるものを見つめなおし、

自分自身の存在、アイ企画という会社の存在を、

その価値があるものかどうなのかを、様々な方向から確認作業をおこなってきました。

価値がなければ、全て辞めてしまおうという考えを持って。

ーーー

奇跡的に、この一年間で新たな能力あるスタッフと出会い、

希望を持って、デザインという仕事に取り組んでくれています。

会社として世間にサービスのできる組織の再構築が新たな形で行われています。

アイ企画というのは、私の興した価値であるけれども、

スタッフに、実務は譲っていく必要があります。

私の目標は、デザインの先にあるからです。

今後のプロセスとして、アイ企画という会社組織の、

プロデュース、管理等を行いながら、

新しいai-waveでは、

一年間で洗い直した価値観を持って、

「アイ企画」という会社組織と少し距離を置いた、

自分自身の価値を問うブランドとしていく考えです。

現在取り組んでいるスポーツもその一環です。

自分という人間が、様々な物事と触れあう。そこから創造できるものが、

僕自身が生きている間に造ることのできる最大の価値だと信じて・・・

RE-START。

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2018年3月20日

島根を走る!

Filed under: アクティブ,活動レポ — aiadoak @ 5:43 PM

島根県庁からスタート、松江城をぐるりと10㎞回るマラソン大会。

今年で最後にしようかと思ったんだけれども、

このコース、すごく走りやすくて、しかも島根の経済都市の中核を走る

爽快感がたまりません。

今年は天気が良すぎてかなり苦しかったけれど、

また出たいなーと思える大会です。

今年のスポーツビジョンは

◎夏の三瓶のクロスカントリーマラソン8㎞、

◎秋の美郷のロードバイク、ロングライド60㎞

という計画です。

タイムではない、完走を目指します。

そのために自分の中で戦略をたてて日々過ごしたいな〜と

思ってます。

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2018年2月27日

「力」

Filed under: FB転載 — aiadoak @ 4:04 AM

社会には色んな力がありますよね。

色んな力はそれぞれの特権があるし、

それが大人の世界で世の中でもあるんだね。

そんな中で、アイ企画は、「実力」という力をつかっていきたいな。

それがどんな力かというと、

みんなが幸せになれる力で、それを考えることのできる力。

これからもどんどん挑戦していくよ。

(文/かおる 絵/のり)

2018年2月12日

マラソンの次なるもの

Filed under: アクティブ,趣味 — aiadoak @ 11:29 PM

ロードバイクデビューしました。

2年半前からスポーツに目覚め、陸での活動はマラソンを軸にしていましたが、

日本らしいというかなんというか、趣味でも仕事でもどのジャンルでも、

○○道みたいな、頂点を極めたりするような流れ? または、

こうでなければダメ! みたいな!?

(わたし的には、箱庭的思想って思ってる)

嫌いなんですね。あれ。

ーーー

で、自分的にどこを目指しているのかというと、

偏りのない身体能力=思考能力=精神性

これが、スポーツを通して私が手に入れたい物です。

そして、何のためにスポーツを趣味にしているのかというと、

会社を背負う重圧に耐えるため。世論に負けないため。

そんな感じです。

ーーー

陸上では、マラソンの次の拡張として、ロードバイクという路線は

けっこう前から決めていて、

併せて、マリンスポーツとしてサーフィンをやっています。

サーフィンって、波に乗るより長い時間パドル(泳ぎ)なんですね。

で、

私の最終目標はトライアスロンと定めています。

水泳・自転車・マラソンのゴール地点として、

もう何年か後にと決めています。

ーーー

趣味をブレることなく遂行していくことが、

会社経営を続けていく上で必ずフィードバックされると思う。

逆に、

このブログで趣味はあからさまにできるけど、

会社戦略はあからさまにはできません。(当然!)

日々、綿密に練り込んでいます。

仕事の方は趣味よりもさらに何倍も本気だよ。

ーーー

ブレない価値を創っていくこと。

ただ、それだけ。(おしまい)

【photo/国府海岸を起点に初ライド17km。マラソンも・サーフィンも全てがここからスタートなんですね。切っても切れない愛か!?】

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2018年1月19日

これからのビジョン

Filed under: 経営 — aiadoak @ 6:44 PM

 

お正月から少し時間は経ちましたが、

新しい年を迎えて、今後の事を考えるのですが、

この先、アイ企画は様々なクリエイターまたは、

それを目指す人たちの受け口であり、

母体でなければいけないと考えています。

もちろん、塾や学校ではなく、

実際の、リアルガチンコの社会の中で仕事を行って

いかなければいけませんが、

私の思いの中のベースとして、

石見を発展させるための頭脳を育てたいと思っています。

ーーー

こと工場などの技術の世界では、

指令所が首都圏などの都市部にあり、

たとえ地元本社企業だとしても、オートメーション化で

いずれは機械にとって変わる仕事が多い。

フランチャイズにしても、マニュアルが元となる仕事です。

わたしがアイ企画でやりたいことは、

スタッフ自身で考え、この子たちの思いが形になる仕事。

このデザインの仕事というのは、

お客様にビジュアルで喜んで頂く仕事。

広告には、物が売れたり、沢山の集客があったりと、

ビジュアルのみではなく、求心力の求められる仕事という観点があります。

ーーーー

どのように考え、どのように道筋を立てて理論化し、

ビジュアルに落とし込むか。そして第三者はどう感じるか。

仕事を通してこれを研究できる素地があるのは、

このアイ企画だけだと思っています。

この10年間、そのための仲間を作り、作業のシステムネットワークを作り、

事務所を増やしてそのベースを創り上げてきました。

ーーー

これからは、この仕事にやりがいを感じることのできる子を

伸ばしていくということに、私自身の力を注いでいきたいと思っています。

思いの果ては、お客様にあり、その先に石見地域の豊かさの発展があります。

決して都会的な豊かさではなく、

人として今ここにいることの幸せ、満足感を高めていくための豊かさを目指して、

私は、このアイ企画を通じて取り組んでいきます。

(ああっ。。ガチンコ文章は疲れる(^_^;))

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2018年1月9日

感謝

Filed under: 経営 — aiadoak @ 1:59 AM

新年を迎え、これまで以上に会社としてのポリシーを持ち、

様々な仕事に挑戦できるベースが出来てきました。

これは、適材適所、バランスの良いスタッフがいてくれるおかげで、

自分自身の力ではなにもできないこと。

僕がこの先進めていくこと、覚えていくべきスキルは、

みんなが働きやすい環境と、燃えられる仕事を創っていくこと。

そのためのマネジメント力をつけていかなくてはと

思っています。

色々と失敗をしながらだけれども、

振り出しに戻ることなく、しっかりと進んでいきたい。

チームワークが良い仕事を生む。

スタッフに感謝してきちんとした羅針盤を創り、

2018年、進んでいきます。

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2017年12月26日

人間力

Filed under: 活動レポ,脳内 — aiadoak @ 1:16 AM

クリスマス週末、Saturdayサーフィンと、Sundayランニングで過ごしました。

休日は休むのがいいのかもしれないけれど、

鍛錬し始めたのは、忘れもしない2年半前の、国府きんさい祭りの開催での

音響業者との確執と、地元の人たちの非協力性に耐えるために走り初め、

今や1回のランニングで12km(下府→上府→宇野→久代→国分→唐鐘)と、

悔しい思いをした全エリアを完走する走りをしています。

ーー

海でサーフィンに行くようになったのは、1年半前、

地元商工会青年部および親会を辞めるための自分の区切りとして始めたこと。

これらは、悔しさの代償(結晶)です。

組織よりも自分の身体一本を信じて生きたい。そんな思い。

ーーー

クリエイティブはゼロから生み出さなくては価値がないもの。

会社の経営だってそう。

予定調和や、馴れ合いで生きようとはこれっぽっちも思ってなく、

序列でもない。

これでダメだったらダメなんだろうという思いで、

日々進んでいるのです。

それが人生だし、

ね、そうしていかないと死んじまわないかい? 人間力って!?

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2017年12月17日

これからの経営と展望。

Filed under: 経営,脳内 — aiadoak @ 3:19 AM

起業して10年、これまでの歩みは

今までいくつか務めてきた会社をベースにしてきた。

家族や親類に会社経営の見本がないため、

当然だけれども自分が社会に出て経験したことが

会社経営の見本となる。

ーーー

その10年を超えて、

自分自身、次のステップにすでに足を踏み込んでいる。

それはすなわち、

これまで主観的に頑張ってきたことが、

客観的に見れるようになってきたということである。

何に対してかというと、会社の運営に関わる全ての事に。

ーーー

となると、経営者としてのオリジナリティーは

10年キャリアを積んだこれからが、

それをoutputしていく時期となると判断する。

夏の悪夢が経営者の試験としての最後のトンネルだったのか。

それを超えた今は、自分自身に、

何が起きても動じないハートと、明瞭な頭脳回転が、

これまで以上に漲っている。

ーーー

〜モノを頭で考えて創って、世の中に役立てる〜

この活動を会社もって行っていく。自分の使命として。

お客様に、月並みの成果物以上の創造の素晴らしさを伝えていく。

スタッフに、創造の仕事に関わることの素晴らしさを、

この子達一人一人の手の中に残していく。

以上の事をこれからやっていきたい。

ーーー

これを仕事という社会的ルールの中で実現していくことが

私のこれからの経営者としての仕事で、使命でもある。

(お・し・ま・い)

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2017年12月12日

神楽に感謝だ。

Filed under: 趣味,願い — aiadoak @ 1:15 AM

今年の夏くらいから、10年振りくらいに出るようになって、

現在はまた、仕事のために行けなくなってしまった神楽。

この動画は今年の夏のもので、八上姫というお姫さんを舞わさせてもらっています。

レギュラーで舞っていた方が偶然お休みということで、偶然頂いたこの日の配役。

偶然知らぬ方にyoutubeにあげて頂いて、とてもとても嬉しいです。

何が嬉しいのかというと、今また出れなくなってしまって、

でも、一瞬でも神楽に参加できた半年前の記録を残してもらえたことが

とても嬉しいのです。(夢ではなかったなと。)

ーーーー

気持ちとか、所作とか、身体の中に残されているものだから、

前向きに、また神楽に参加できるチャンスを目指しています。

ーーーー

そういえば、これは仕事のブログでしたね。。。

デザインや表現に例えるならば、神楽は「身体を使った形の表現」

他なりません。(+「伝統」と「人生」が加わります。)

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2017年12月1日

今後のスタッフ育成のために自分のできること

Filed under: 活動レポ — aiadoak @ 5:36 PM

30分、少人数制でショートゼミをおこなうことにしました。

これまではスタッフにデザインを仕事をもって

直接教えていたのですが、叩き上げという形態をやめました。

過去の私のスキルで、高校の美術教育の講師や、

一般の方へのデザイン編集の講師などを行った経歴を、

ここで活かしていこうかという転化が頭の中でおきたためです。

これを行うことで、確実に共通知識を持てるようになるし、

みんなが日々知識を深め育っていくことができるのかなと

思います。

そのことを期待して。そして、自分とみんなの未来を見据えて。

ーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

次ページへ »