岩本薫デザイン事務所 株式会社アイ企画
アイ企画新着情報 アイ企画の考え方 デザイン作例 会社概要 Blog

2017年7月17日

パフォーマンス

Filed under: アクティブ,経営,脳内 — aiadoak @ 9:54 PM

自分自身の根底にあるもの、

人それぞれあるでしょうが、

私の場合はパフォーマンスです。

デザイン、企画、スチル撮影、映像撮影、コピーライトなど

仕事の様々な分野をこなしながら、

プライベートで、

絵画、伝統芸能、サーフィン、音楽、マラソンなどに打ち込む現在、

その極限は思考能力と体力、感覚の三位一体で成り立つことを

この42歳後半にして実感しています。

ーー

先日は同級生が選挙事務所を開くための司会を

自分の出せる能力を駆使しておこないました。

様々なものの引き出しを

どれだけスムーズに開けることができるか?

これが自分自身の課題で、

行うことはパフォーマンスであると考えています。

最良のパフォーマンスをするために、

最良の引き算をすることも大切です。

やりたいことを形にするために

頭・心・体を鍛える。

その先に何があるのか!?

分かんないから面白〜い☆

ーーーーー

株式会社アイ企画
代表取締役 岩本 薫

2017年6月27日

「岩本薫デザイン事務所 株式会社アイ企画」とします。

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 8:34 PM

様々な人生の変遷を経、

会社の変遷を経、

行き着いた結果、

8月からの11年目スタートに向け、

「岩本薫デザイン事務所 株式会社アイ企画」とします。

これまで、個人としていわみ子供神楽フェスタや、

国府きんさい祭り、その他様々お手伝いをしてきましたが、

一旦、7月までで身を引かせていただき、

デザイン事務所としての地域づくりの方に専念いたします。

ーーー

先般、お世話をした、いわみ子供神楽フェスタ20周年記念大会。

様々深い想いはありますが、

自分の人生で立てる自分のプランが

どれだけ確立することができるか?

こと、神楽やフェスティバル系のイベントにおいては、

完璧さよりも、その場の勢いやハプニング性もあって楽しいものとなります。

ーーー

ここに自分の理念を加えるのは無理があるし、

一人で走り過ぎるよりも、みんなでわいわいと負担を分け合いながら

行うことが、イベントにおいては重要ということを

これまでの10年間の蓄積で、身でもって理解したところ。

ーーー

これらを経て、新しい10年に向けての歩みを考えたい。

それが、いまの僕の現状です。

「この10年で何ができるのか?」

それが自分に課している命題です。

 

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2017年5月15日

助成金を活用して受ける仕事は基本、お受けしません。

Filed under: ぼやき,脳内 — aiadoak @ 11:43 AM

これを断言するのも勇気のいることではありますが、

これまでの経験と蓄積のなかで、ほぼ正解だと思ったので。

また、助成金を使う方の裁量にもよる部分もありますね。

でも、基本的に助成金を活用して制作したもの、

チラシ・広告関係は一過性のもので問題ないのかもしれないけれど、

特にWebサイトなど、後々残るものに関しては、

後々続かない。

それは、助成を受けて、自分のお金を使っている感覚が

ないからかもしれません。

わたしたちの商売には、お互いの歩み寄りが必要で、

そこでお互いの考えが合致してスタートする。

これが、一番お付き合いが長続きするポイントで、

「降って沸いた話」は、将来的に何も意味はなさない。

「歩み寄りを怖がる」人は、誰に対しても同じ結果しか生まないでしょう。

ーーーー

今の時代が何だかんだと色々と悲観的にメディアのほうでも

なんやかんやのお偉いさん方も言われますが、

今、この時代に、自分が動ける年齢のときに、

やることはやらなきゃダメでしょ!

怖がってどうするんだ! アホめ!!

、あっ、、、ちょっと私情が入ってしまいました。

(おしまい(‘_’))

 

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2017年5月11日

朝サーフィン

Filed under: 未分類,趣味 — aiadoak @ 10:08 AM

IMG_4525

今朝はサーフィンに。

たくさんの仕事を抱えて海に出るわけですが、

いろいろな悩みも、広がる水平線の中で漂うだけで、

気持ちが穏やかになってくるものです。

今日は2回波に乗れた(^^)

上手か下手かは抜きにして。

さあ、夏に向けてスパート!やっちゃるで!!

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2017年3月20日

松江で10km走りました

Filed under: アクティブ,脳内 — aiadoak @ 10:00 AM

IMG_4105

仕事とプライベート、私にとってはそんなものはないんだけれど、

プライベートから引き出せるインスピレーションが仕事になることもある。

昨日は「松江レディースハーフマラソン」の10kmの部に出場。

これで2回目の単独での大会参加。

いろいろな報道カメラマンなどを見かけながら、

これまではこっちの側だったなぁ。。と思いつつ

心身ともにウォーミングアップを進める。

マラソンは辛いんだけど、10kmであれば、順調に走れば50分でゴールが見えてくる。

そう、50分ほど頑張ればゴールするんですね。

こういった時間の管理っていろいろな役に立つんじゃないのかな。

デザインは体力とは無縁のところにあるのかもしれないけれど、

だんだん年齢を重ねると見極めっていうのが大事になってくるので、

やはり、体を鍛えていくこと、体を動かすこと、やりたいことを追求すること、

これらは、自分にとっては必須なのかなぁ〜と思います。

ところで、私の方は、フェイスブックを止めました。

前々から止めようとは思っていたのだけれども、

米、ザッカーバーグが創ったシステムの中にいつまでもいることに

という疑念を感じていたから。

みんなはそんな事まで考えているのか?

でもこの考えは重要なことだぞ!!!

ーーー

いろんな思考を巡らせながら、でもシンプルに体を動かす事の方が

絶対に健全で健康なことだと思います。

 

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2017年2月1日

絵があった!

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 6:12 AM

16177465_1344821818926484_6478194573689247786_o

 

多くのビジネスのイケてる人達は、

一流の大学で経済を学んだとか、

大手企業に務めていたとか、映画を学んだとか、写真を学んだとか、

誰々の弟子だったとか、なんとかかんとか、

華々しいバックグラウンドがあるわけです。

僕はこれまで何も自分のバックグラウンドは無いと思って、

ここまで歩んできたのですね。

だから、デザインを一生懸命覚え、石見神楽を一生懸命習い、

カメラを自己流で学び、webを手探りでやりこなし、

イベント運営も叱られながらなんとかこなせるようになり、

人前で喋れるように訓練もした。

文章だって書けるように努力をした。

会議の仕切りや段取りもなんとか出来るようになった。

経営者としての仕事も分かるようになってきた。

これは全て、自分になにも無いと思って走ってきたからなんですね。

ーーー

「絵があった!」

これに気付いたのは3ヶ月前のこと。

思い返せば、芸大受験。

高校、一浪、二浪してまで、僕は愛知県立芸術大学を目指していた。

東京芸術大学もチャレンジ受験した。

本番に弱い小さなハートと、色弱という免れられない自分自身の劣等感に

負けてしまったのが敗因です。

でも、この頃は絵を描いていく人生しかないと思って、

予備校では日々関西の油彩画のエリート達と方を並べて取り組んだ。。。

「大学受験失敗」というのは、そんな努力を無にしてしまう力があります。

親も、周りも、絵の事は諦めて気持ちを切り替えて働けというし、

仕方のないことです。(親のおかげで二浪までさせてもらった手前)

でも、ここで、ものすごく遠回りして、思い出してしまった。

自分には「絵があった!」

ーーー

受験という量りは、その時点・瞬間での能力を計るいうことになるのでしょうが、

20歳なるかならないかの能力を持って測るわけです。

確かに天才を見いだすことは出来るかもしれない。

でも20歳までが人間の能力の全てではないし、その後の歩み・努力、

その様々なものが積み重なって、作品というものは生まれ、愛されるものだと思います。

失敗は力になる。

消し去りたい過去も、勇気を持って振り返るタイミングが来るもんだ。。。

そんな風に思いました。

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2017年1月5日

今年の抱負!!!

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 9:03 PM

ph58

新年あけましておめでとうございます。

創業10周年となる2017年が幕開けました。

懇意頂く皆様のおかげで、ここまでこれました。

ありがとうございました。

さて、仕事というのは日々8時間の積み重ね。

(時間オーバーもありますが。。。)

その中で最高のパフォーマンスをしていくことが、

会社というものを成長させていくことになるんでしょう。

自分(経営者)の8時間、スタッフの8時間、パートの4時間、お客様の8時間と、、

同じ時を共有するわけです、仕事ってのは。

そうすると、その個々の時間と働きが噛み合っていかなければ

ビジネスは動いていきません。

まずそのタイムラインを理解することが、仕事において重要となります。

仕事って「歯車」です。

歯車を自分に置き換えて、機械的だと捉えると悲観的になってしまうし、

歯車を、みんなで一緒に動かしていこうと思えば大きな力となります。

僕は皆で一緒に動かしていきたいな!

今年はみんなで歯車を動かす!

みんなでやろうよ!2017!!!

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2016年12月26日

一度、無に立ち返る

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 5:42 PM

img_1676

12月付けで、地元商工会の方を退会しました。

事業を始めてだから、7〜8年間の入会期間でした。

色々な事業者の知り合いもできたし、皆でイベントをやったり、

セミナーに出たり、とても濃厚で充実した毎日を過ごさせていただきました。

特に職員の皆様には、大変お世話になりました。

(最後には心配もかけてしまいましたが。。。)

さて、これからどうするのかというと、

もちろん、普通に過ごしていくことになるのですが、

物事に足し算、引き算が必要で、

その手法は、僕は絵画のデッサンに学びました。

鉛筆を重ね続けるのではなく、

バランスを整えるために練りゴムで抜く(消す)、

もしくは細い消しゴムで白いものを描く、

絵画を成り立たせるためにはそういうマイナスの作業(引き算)が

必要です。

それは、なぜかというと、バランスをとるためです。

画用紙の四角に対して描写したものが表現として正しいかの

バランス。

15400433_1262637963811537_8040585011653078708_n

ーーー

さて、会社というものは、代表者である社長が

当然その会社を引っ張っていくものです。

会社というデッサン作品があれば、1つ1つの仕事や努力は、

鉛筆の積み重ねの1本一本です。

「事業と屏風は広げすぎると倒れる」といいますね。

たとえ、積み重ねを重ねようと、見つめ直す局面、無に戻す局面、

そういうことも作品作りには必要な事。

何事もそうだけれども、頑張りすぎてもだめ、怠けすぎてもだめ、

一番いいのは中間のバランスなんです。

中間でものを考えることが出来ることが大切なんです。

核というのは真ん中にあるものを指すし、

石見神楽だって、中央植安大王があってこそ世の中が成り立つ。

僕は、自分の立ち位置・思考を中間に求めています。

なぜそこを目指すのかというと、この「中間」という位置に

まわりを見渡す限り、まだ誰もいないから。

(ま、魅力のある場所でもないのですが・・・)

でも、まあ、僕が貫きたいのはそこです。

決して頂点ではないのです。

ーーー

ここ数年間、僕は地域の事を沢山やってきました。

しかし、やる気っていうのはエンドレスで続くものではありません。

休むことがあるからやる気が出せる。

期待を背負うこともそう。背負いすぎれば潰れてしまう。

潰れた時に誰が助けてくれるのか?

たぶん、誰も助けてくれないだろうし、

僕もそういう人を見ると、見捨てるかもしれない。。。

そういう局面から、この度、商工会を退会に至りました。

当然後悔もあるし心残りもある。

だけど、僕は潰れるわけにはいかない。

これが本心です。

色々なものをはぎ取って無に立ち返ると、

人にはマインドしか残らないはず。

僕はそこを大切にしていきたいと思います。

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2016年12月18日

さて、何が私たちを豊にするんでしょうね?

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 9:20 PM

例えば、社会生活って波風を立てない方が無難なんですね。

組織って、入っていれば安心の面もあります。

輪の力って重要です。

しかし、個人の力も重要です。

その両立って出来るもんだろうか?

僕らは物事を高望みしすぎてはないのだろうか?

家族がいて、風呂に入って、布団で寝て、

これ以上の幸せがあるのか?

どうなれば果たして幸せなんだろうか?

やっぱね、人間が働く以上、何かをする以上、

人間らしさは失ってはいけないし、

一瞬たりとも自我を抑え込むことはあってはいけない。

無難に過ごしていくことで、何が失われていくのか、

後の代までどれだけ影響を及ぼしてしまうのか。

本当に考えていかなければいけない。

今、気付ける人間でそれはやっていかなくてはいけない。

僕はそう思う。(end)

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

2016年11月21日

スキューバーで人生が「変わった」。

Filed under: 脳内 — aiadoak @ 4:13 AM

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々と考えます。

人の思考ってどんどん「変わって」いくもので、

でも決して「替わって」はいけないものなんです。

どうなんでしょう?世の中「替わって」いくものが多くないでしょうかね?

「替わって」いくものは流行、話題、すり替え、都合のいいもの

「変わって」いくものは、進化と捉えます。

少し前の自分は、気負って地域のこと、業界のことを突き詰めて、

「今自分がなんとかしなきゃ!」と奮闘していました。

しかし、あるきっかけで、そこを追求することを止めました。

それは今年6月にスタッフあおちゃんと行った「スキューバー体験」。

何を思ったのかというと、死んだなと。。。

何の気なしに、仕事ための取材で潜った海で、

かけがえのない事を学んだんでしょうね。きっと。

学んだ内容は、

◎インストラクターを信用する

◎一緒に潜ったパートナーを信用する

◎肺の呼吸を信用する

そして、ボンベによって生かされている。それだけ。

それを感じた時に、様々な気負いが消えて(死んで)しまった。

体裁がいらなくなった。

シンプルに、自分が楽しく、自分が燃えて、自分がやりがいのあることを、

身体のバイオリズムに沿ってやっていくこと。

無理なことは辞めていこう。

やりたい事は追求しよう。

これまでの歩みの中で、置き忘れてきた事を思い出して引き出したい。

これは40歳過ぎたからこその葛藤だったのかな?

厄年とはよく言ったもんだ。

僕にとっての青年時代は終わったんだろう。

「自分を大切に。家族を大切に。一日を大切に。」

これが僕の「変わった」ところ。

img_9419

ーーーーー

株式会社アイ企画 代表取締役

KAO

次ページへ »