岩本薫デザイン事務所 株式会社アイ企画
アイ企画新着情報 アイ企画の考え方 デザイン作例 会社概要 Blog

2012年3月2日

アマチュアバンドフェスに行ってきた

Filed under: レポート — aiadoak @ 12:31 AM

楽器と声と、、音の調和する瞬間っていうのは、

聴いてる側も気持ちいいものです。

生音はイイっ! 楽しいひとときでした。

(写真はビートルズトリビュートバンド NOW HERE)

ーーーー

※文章が少ないのは、文章たくさん打った途中でブラウザが落ちてしまったから・・・

ーーーー

アイ企画 KAO

http://ai-fit.com/

2012年2月28日

南極!?

Filed under: レポート,脳内 — aiadoak @ 8:33 AM

脳内ブログ、これまでは、色々文章でつづってきました。

手法としては、「宣伝会議」に連載されている

福里真一さん(コピーライター)※凄い人です。知り合いではありません。

の文章の書き方に影響されて、脳内をつづってきたのですが、

このまま続けてもただの物まね。(・・・にもなってないかな。。)

自分なりに得るものがあった(気がする)ので、そろそろチェンジ。

ーー

で、いきなり切り替わりましたが、、

先日アクアスに家族で遊びに行ったときに撮った、

「ペンギンのお散歩」です。

ふだんは芝生の上を歩くそうですが、この日は豪雪(石見にしてはね)。

ファインダを覗いてると、ここは「南極!?」と

思ったひとときでした。

ーーーー

アイ企画 KAO

http://ai-fit.com/

2011年10月9日

いしちゃん、ペンギン博士になれた?

Filed under: レポート,看板 — aiadoak @ 2:34 PM

昨日から、しまね海洋館アクアスで、

「特別展 ペンギンの不思議と秘密」がスタートしました。

いつもの特別展よりひときわ賑やかなゲートをくぐると、

ペンギンに関するさまざまな展示がされています。

ゲートをくぐると、18体のペンギンの実物大イラストが、

ぎっしりと展示されています。

じつは、このイラストはうちのスタッフのいしちゃんが担当して

図鑑や写真をみながら描きおこしてもらったもので、

日数にして1ヶ月間かけて仕上げたものです。

(なんだか夢の中にもペンギンがでてきたとかこないとか。。。)

細部の羽やくちばしまで、頑張って再現していますので

入館してぜひ近くでご覧ください。

ーーー

ペンギンの不思議と秘密展、これは入り口までの紹介です。

さらに奥に進むと、アクアスのみなさんがじっくり調べた

興味深い展示がたくさんです。勉強になりますよ☆

http://www.aquas.or.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=110

ーーーー

アイ企画 KAO

http://ai-fit.com/

2011年5月25日

JP 印刷機材展

Filed under: レポート — aiadoak @ 5:15 AM

大阪で開催されたJP印刷機材展に行ってきた。

印刷機材もそうとう進んできているようで、

例えばオフセット印刷は油性のインクが主流でしたが

UV印刷(紫外線を照射して硬化乾燥するインクを使用)の

技術が伸びてきていて、これによって

◎裏移りがない ◎素材を選ばない ◎乾燥時間不要

◎印刷表面が摩擦に強い ◎インク臭が少ない ◎日焼け変色が少ない

というメリットがでできます。

その他にも様々な興味深々な機材たちを見てきたのですが

本日は、ブログを書く時間があまりありませんので、

私の思い出の中へしまいこんで。。

さて、広告に関してですが、大阪の中心梅田では様々な魅力ある広告が

掲示されていて、メディアに関しても、

液晶スクリーンや、ロールで差し変わるタイプなど、

興味深いものが多かったのですが、

駅貼り広告、特に地下鉄のホームの電光掲示広告や、

梅田からちょっと離れた私鉄のホームの広告は、空きが多かった。

ホーム広告という媒体の宣伝効果が薄れてきたのか!?

それとも単に広告の出し控えか!?

まあ、駅のホームなんかは駅前の商店街のお付き合いというものも

あるかもしれないので、この時代に制作・掲載料が見合わないのかも。

ああ、長くなってしまった。。。以上!

ーーー

公式サイト:http://ai-fit.com

2011年3月2日

大元神楽を観てきました。

Filed under: ぼやき,レポート — aiadoak @ 5:15 PM

2/27、石見神楽と石州和紙の里シンポジウムにて。

天蓋という舞は、9つの天蓋を紐をつかって動かすというもの。

中央には黄竜・植安が鎮座します。

儀式舞として、神迎、四神、天蓋と

五柱(青竜・朱雀・白虎・玄武・黄竜)を拝む舞は数種類あります。

どの舞もそれぞれに所作が難しく、

その業(わざ)、その気持ちが大切な舞ばかり。。

ここに石見神楽の神髄があるのでしょう。

能舞にも同様の業(わざ)や気持ちが必要なのだと思います。

そう思った一日でした。

ーーー

公式サイト:http://ai-fit.com