カタチにとらわれないデザインのご提案 株式会社アイ企画
温もりを生み、育む。

初めて訪れる町、出会う人、空気、これらは人間の五感に浸透し、一生の記憶として遺されます。
スマートという活字が世の中を賑わす時代、様々なモノ、スタイルが画一化を図られている昨今、わたし達は地域のデザインを担う会社としてその五感を大切にし、地域の豊かさの本質を正しく発掘し、皆さんと「うれしさ」「楽しみ」「共感」を分かち合いながら成り立っていくべきだと考えています。
スタンスとして、様々な物事の中間に立ち、心と思考を持って、物事の前進と分かち合いを求めて進んでいこうと思います。
事業として、このアイ企画は10年目を迎えました。この10年間の蓄積は、誰に師事したものではない、挑戦と葛藤の日々でした。この蓄積を基にこの先のビジョンを丁寧に組み立て、アイデアと技術を持って皆さんと共に育む創造活動を行って参ります。

10年、そして未来へ。大切なお客様のために、大切なスタッフと共に。

株式会社アイ企画
代表取締役 岩 本   薫




シンボルの紹介

お客様・スタッフと心を合わせてプロジェクトを進めていくことをハートに込め、四つ葉を形成するシルエットを、会社のコーポレートシンボルとしています。
愛情・視覚の「アイ」をワードシンボルとして「アイ企画」と命名。「アイ企画」のロゴとしてデザイン事務所としての誠実性をシンボライズすることのできる「光明朝体」を用いて4つのハートと組み合わせ、ロゴマークとして形成しています。